PIS(Proactive Interaction System)における生物の形と動きを活用する研究

Analyze procession

PIS(Proactive Interaction System)における生物の形と動きを活用する研究'

Soundwave

システムで「動物のような」動きの要素を使用して、ユーザーの信頼を構築し、インテリジェントシステムを使用するの意欲を高める。

-人は動物の動きを観察すると、その状態(幸せ、警戒など)をすばやく理解できる。 これは常識と本能に基づく感性的な認知行動だと思います。 -人間の動きより、動物の動きに人の解釈はもっと感情を含まれている。 これらの解釈は主観的ですが、ある程度の一貫性がある。そして、その動きを分析して、設計ガイダンスを構築するなら、もっと感情的なシステムを作成できると思う。 -一方はこれらの要素がもっと適切なステータスを構築できると思う。 「動物」や「ペット」は、「ツール」や「ロボット」より、ユーザーが受け入れやすいです。そのためにシステムに対するユーザーが寛容するの程度が高くなれる。

RuoTian "Sora" Zhang
RuoTian "Sora" Zhang
Master Student

I’m interested in the research of Smart Home and also like archery, traveling and games. Chat with me anytime if you want!